Album of ALBUS

イタグレ・アルバスとお友達たちの写真倉庫です
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dec.24 EF70-2・・・

タイトルを見ると、新しいキヤノンの「EF70-200・・」レンズのように見えますが、実は違います。

今回のタイトルは「EF70-27」なのです。
お気づきの方はある意味、筋金入りの「鉄ちゃん」ですよ♪
そうなんです、EF70型電気機関車27号車のことなのです。

鉄ネタですが、マクロ近撮してますので、写真の評価も歓迎です☆



ちなみに、EF70って?
とのことにて、いつものWikiから引用しますと・・・

EF70形電気機関車(イーエフ70がたでんききかんしゃ)は、1961年に登場した日本国有鉄道(国鉄)の交流用電気機関車である。
本形式は交流電気機関車としては数少ないF形(動軸6軸)の機関車である。
北陸本線の交流電化の進捗とともに運用の場を広げていき、最終的には田村 - 糸魚川間で運用されるようになった。当初は主に貨物列車を中心にけん引したが、のちにED70形の運用縮小とED74形の九州転出により、多目的に使用されるようになった。
九州地区では電気暖房を使用しないため、本形式はブルートレインや貨物列車等を牽引したが、軸重の関係で熊本以北に運用が制限され、過大出力なうえに転出車は高速列車対応機でもなかったことから持て余された。
末期の本形式は運用効率の悪さから不遇を託ち、1000番台や九州転属車を含めて1987年の国鉄分割民営化前に全機が除籍・廃車されたため、JRグループには1両も承継されていない。

という、不運の電気機関車の形式です。

で、この機関車の写真を・・・

ホコリが目立つ・・・・


f4で撮ると、かなりボケます♪
IMG_1659.jpg

交流専用機では珍しい「6軸」。
IMG_1652_20101224223231.jpg


いかがでしょうか?

これはもちろん実車ではなく、いわゆる「Nゲージ」です。
家内のブログで、次男に「新型・山手線」のNゲージが登場しております。
ちなみに、このEF70は、私が子供の頃に手に入れた、Nゲージ1号機。
ということは、約30年前に購入したものなのです!

歳を重ねて、時間ができたら、また始めようと、しまいこんでいた、N。
別に仕向けた訳ではないのですが、次男が急に鉄ちゃん化し、鉄道模型に興味が・・・。
まさか、子供とNをやるとは思いもしませんでしたが、一緒にやることに!

他にも往年の模型がいくつかあります。
当時のN仲間が、いわゆる王道機種を持っていたため、へそ曲がりの私は、全然東海道地区に関係無い機種ばかり収集。

そんな機種でも、次男は楽しんでいます。

それではということで、早速クリック!
詳細は、また改めて。

超広角レンズは、しばらくお預けになってしまいそうです・・・・。

ある意味、マクロと撮鉄の両方を楽しんでいます♪

コメント

プラレールは一回一回片付けられるので一応許してもらってますが、鉄道模型は許してもらえませぬ・・・
私は高校の時にマイコンの授業で簡単な制御プログラムを作る実習があって(信号とか)、楽しそうだなと思ったんですよねー。
そういう遊び方は一般のNファンはやらないんですかね?

Re: こむぎ父さまへ

プラレール同様に、使用後は片付けます。
したがって、レールは痛みます・・・。
いわゆる、レイアウトを製作すると、片付けは難しいので、出しっぱなしになりますね!
まだまだ、レイアウトには到達していないので、黙々と片づけします。
信号制御は、レイアウトになると便利でしょうが、現状では、単線・単独車両運転なので、必要ないですね~。
子供たちが独立して部屋に余裕ができたら、レイアウト製作を始めようかと考えています。

Nゲージ

私も持ってますED-75とかキハ82とか103系とか(っていうか実家に置きっぱですが…)
また集めてレイアウトを作りたいなぁと…
日曜は残念でした(+_+)

Re: 名無しのNゲージ持ちさまへ

おお!
ED75,キハ82・・・恐らくは、上野始発の東北本線、常磐線の香りを感じます(違っていたらすいません)。
実家に置きっぱでも、動くはずです。
機会があったら、ぜひ動かしてみてください。
日曜日??
そうか、日曜日にお会いできるはずの方だったんですね!
また、暖かくなったらお会いできるといいですね♪

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。