Album of ALBUS

イタグレ・アルバスとお友達たちの写真倉庫です
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jan.5 撮影練習

寒くて出かけることができず、なかなか更新できないので、写真撮影の練習ネタでつなぎます。

いつもは、多少の加工をしておりますが、今回は何も加工をしていません。

こむぎ父さんからの、アドバイスの中で、「露出」という言葉がよく出てきます。
今回は、窓際で光が強いところと、日陰のところとの、光のバランスが難しいところで、写真を撮ってみました。

1枚目の写真は、実は失敗撮影です。
いわゆる「白トビ」がおきております。
アルバスの右半分と、マットの下部分がハレーションをおこしていますよね!

IMG_5478.jpg

2枚目は、露出補正を掛けてみました。
被写体がアルバスなので、同じポーズでないのは、ご勘弁を。
少々暗めに設定したことにより、白トビと、暗すぎな部分が減ったように、思いませんか?

IMG_5482.jpg

デジイチの、難しさと面白さが、なんとなくわかってきたような、気がします。
まだまだ、修行が必要です!

以下は、練習後のお遊び写真を。
2枚とも、マニュアル設定なしの、オートモードの写真ですけど・・・
補正無しなので、ハレーションしまくりですけど、何か?

アルバスの、大あくび~
全然カワイクないけど、飼主はカワイク感じるですよね~

IMG_5492.jpg

次男と二人で、にっこり写真

IMG_5494.jpg

う~ん
折角、練習したんだから、補正掛ければもっと良かったのに!!!

これもまた、写真のムズカシイところです。

コメント

おー

私は明日からブログ書きます(笑
失敗と書かれていますが、こういうのは「あり」ですよ。
白飛びは大事ですが、今回のような写真は非常に難しい条件で限界があるので、アルバスくんが適正露出なら背景が飛んでもしょうがないです。
そういう写真を好んで撮る人もいますし。
ただ、評価測光のクセは機種毎に違ったりするので、白いもの、黒いもの、順光、逆光などでの補正値を覚えておくのは重要だと思います。
今度一緒に撮るときは、こういう場合の測光についてお話ししたいと思います。
想像できないかも知れませんが、実は評価測光が一番難しく、中央重点測光や、スポット測光・マニュアル露出が簡単だったりするのです。

Re: こむぎ父さまへ

早速のお返事、ありがとうございます!
暖かいお言葉をいただき、恐縮です。
今日は時間があったので、難しいコンディションで、露出補正の理論をつかもうと思いました。
なんとなくですが、意味は見えてきました。
しかしながら、実践には程遠いので、着実に練習し、感覚をつかむ必要があることに気づきました。
明日からの更新、楽しみにしています。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://xantia1995.blog14.fc2.com/tb.php/27-eb8363cd
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。